工事事例

株式会社 西組の「工事事例」を紹介いたします。

工事の流れ(送電線工事)

基礎工事

 

鉄塔建設では、鉄塔の土台となる基礎工事が重要となります。そのため、建設場所の地質や地盤の調査を綿密に実施し、基礎の規模や仕様を決定します。
写真は基礎コンクリート底部の鉄筋を組んでいる様子ですが、図面を確認しながら鉄筋の間隔を調整しているところです。

鉄塔組立工事

 

基礎工事が終わると鉄塔組立をします。
鉄塔は30m前後から100mを超えるものまでありますが、鉄塔の高さによって使用するクレーンを選定して組立を行います。
クレーンを使用するのは主に平坦地ですが、山間部でクレーン車を使用できないような場所では、台棒工法で組み立てします。

架線工事(延線作業)

 

鉄塔が出来上がると、次は各鉄塔間に電線を張る架線工事になります。電線の延ばし方は、最初はロープ、次にワイヤーロープ、電線の順で行います。この一連の電線を延ばす作業を延線作業といいます。
左の写真は最初のロープを延ばしている様子です。

 

ロープを延ばす延線作業も、山間部や大きな河川横断などではヘリコプターを使用します
左の写真はヘリコプターに吊り下げられたロープを各鉄塔に掛けていく様子で、鉄塔では作業員が待機しています。

架線工事(緊線作業)

 

各鉄塔間に延ばした電線は、決められた鉄塔間のたるみに合わせて張り上げ、鉄塔に取り付けていきます。
架線工事は「送電の花形」と言われ、高度な技術と熟練を要します。

完成

 

平成22年当社が施工した夕焼けに写る酒田北港B線電線張替工事です。

工事事例

青葉幹線昇圧工事
旧梨の木清掃工場(平成27年3月31日廃止)の老朽化に伴い、新たなごみ処理施設「青森市清掃工場」が平成27年3月31日に竣工し、4月1日より供用開始となりました。
新仙台火力A線他保安対策18工事
都南線電線張替え工事の様子です。
蔵王幹線保安対策179工事
奥羽幹線 No.127〜No.129における、両取緊線付属品取り付け工事の様子です。

現場の声

工務部 二課所属
中村 治輝
平成26年入社 岩手県立盛岡工業高等学校出身
私は入社して4年目になります。主に架線工事に従事しています。今では、仕事を覚えて毎日が充実しています。私達の仕事で一番大切なことはコミュニケーションです。先輩達からコミュニケーションの大切さを教わり、何でも言い合える、明るい職場づくりを心掛けています。そんな環境の中で一緒に仕事をしてみませんか。
工務部 二課所属
奥田 蒼也
平成29年入社 秋田県立新屋高等学校出身
最初はこの仕事については分からないことばかりでしたが、先輩達が優しく、時には厳しく指導してくれました。2年目となった今は仕事の内容も理解でき、安心して塔上作業に取り組むことができるようになってきました。高校時代、剣道部で得られた体力や根性、挨拶などが充分発揮できています。大変なこともありますが、それ以上にやりがいを感じられる仕事です。ぜひ私達と一緒に仕事をしましょう。
工務部 二課所属
鈴木 海斗
平成30年入社 秋田県立大曲農業高等学校出身
今年入社し、工務部二課に所属して主に架線工事に従事しています。入社当初は仕事の内容など全然分かりませんでしたが、1ヶ月の新入社員研修を受け、架線工事の流れが分かるようになりました。寮もあるので、安心して生活を送ることができ、また団体生活の中でマナーや礼儀も身につきました。先輩達は優しい方々がたくさんいます。私達は仲間を待っています。