ニュース
サイトの更新情報や、西組からのお知らせ等を掲載しています。

ニュース一覧

カテゴリ

アーカイブ

検索

『保安伐採での女性活躍』
9月29日渋民線No.20号~No.21号の保安伐採の現場パトロールに行ってきました。6万6千Vの電線直下の伐採作業です。伐採業務を手がけているのは合同会社 岩手グリーンサービスです。伐採でチェーンソーを扱うのは熟練者が多く、電線等に影響を及ばさないよう伐採方向をコントロールする知識も求められます。その中で熟練者と一緒に伐採業務を行っていたのは女性でした。2年前にこの業種に入り資格も取得して難易度の高い樹木をチェーンソーを使用して伐採業務に励んでいました。伐採時にはきちんと基本ルールを守り切りこみの入れ方、伐倒方向の確認をしっかりと行っていました。作業終了後には山が好きで、きつい伐採業務は苦にならないと話をしてくれました。本当に頼もしい限りです。これからも『安全最優先』で伐採作業をお願いします。
『ドローンによる空中からの寸法確認』
キオクシア岩手線新設工事7月に着工した基礎工事が本格化しています。17m×17m×2.8mのマット基礎。掘削作業終え配筋、脚材を据付、1回目のコンクリート打設の準備中です。今回のコンクリート打設は3回に分けて実施する予定となっています。最終的に脚材の据付も数ミリ単位の高精度で設置していました。これをドローンによる空中から3Dで検証してみました。ドローン撮影検証後、数ミリ単位の誤差でしたので良い感触を得ました。10月上旬に基礎工事を終え、鉄塔組立、停止期間に合わせて工事を進めて行く予定となっています。
『風とおしの良い職場作りから安全確保』
西組は9月9日安全大会を開催しました。工務部一課、二課、秋田営業所、協力会社が参加。開催に挨拶した社長からは、上期の安全パトロールでの指摘事項が話されました。年度初めの安全大会で決めた労働災害防止、施工ミスの未然防止に仲間の相互確認、指差呼称、発声確認を必ず実施する事に皆さんで決めた事が完全に守られていないと指摘されました。こうした決めたルールを守るためには「風とおしの良い職場作り」が大事。風とおしの良い現場にするためには、お互いに遠慮はせず配慮が行える気持ちが必要と述べました。続いて、送り出し教育では、災害事例再現CG動画、フルハーネス救助方法(例)、誘導による感電防止のDVD視聴が行われました。その後、社員からの意見交換会が行われ社長から回答して頂きました。最後に下期も一人一人が決められたルールを必ず守るという強い意識を持って安全最優先を誓いあい安全大会を終了しました。
23456789101112131415161718192021222324252627